男女

住宅環境を改善するために大規模修繕をしよう

修繕工事する時の注意点

集合住宅

詳しい専門家に依頼する

マンションには大規模修繕はつきものです。定期的に実施することによって快適な住空間を守れるだけでなく、建物の資産価値を守ることができます。しかし大規模修繕には多額の費用がかかりますし、工事の間は住民に我慢をしてもらうことになります。そのため事前に住民の了解を得ておくことになります。住民から事前アンケートを取って、不具合箇所や工事してもらいたい所を把握します。それらを整理してから実際に業者に見積もりを出してもらいます。事前に調査をしておかないと、どのくらいの大規模修繕が必要かわからなくなります。見積もりを出してもらう時は複数の業者に依頼しますが、その時にマンションを建設した業者を必ず含めることです。自社で施工した業者なら大規模修繕のポイントを把握してますし、費用も安くなることがあるからです。大規模修繕を計画するのはマンションの管理組合ですが、建築の知識がない場合は専門家に依頼します。その分の費用はかかりますが、トータルに見れば不要な工事をしなくてすむので節約につながります。また専門家は見積もり書の見方がわかるので、どのくらいの大規模修繕が必要か判断できます。見積もり書というのは大規模修繕を行うための資料なので、業者が提出した見積もり書どおりに工事を行う必要はないのです。その中から取捨選択して、次の大規模修繕まで急ぐ必要のない工事は省くなどの調整が必要です。そうすることによって費用を安くすることができます。大規模修繕は業者によって大きな費用の差が出るので、専門家に依頼するのが重要なポイントです。