男女

住宅環境を改善するために大規模修繕をしよう

住みやすくするための工事

マンションの価値を保ち住みやすくするためにマンション大規模修繕工事は欠かせないものとなっています。マンション大規模修繕工事業者の選び方は、責任施工方式、管理契約会社方式、統計管理方式の三種類があります。過去の実績と技術力をチェックするとよいでしょう。

相場は様々

マンションの大規模修繕で最も多い依頼方法が、設計管理コンサルタントに依頼することです。設計管理と施工が別の業者となるため、厳正なチェックに基づいた確実な工事が期待できます。マンションの戸数×100万円が相場といわれていますが、場合により値段は変わります。

マンションの定期的な修繕

男の人

専門家のサポートが重要

住宅は、長い間使用しているとさまざまな箇所が劣化してきます。そのため、快適に住み続けるには定期的なリフォームが必要となります。このことは一戸建てでもマンションでも同じですが、マンションの場合は多くの世帯が建物を区分所有して使用しているため、建物全体にわたるリフォームには特別な手続きが必要です。マンション全体に関わるリフォームのことを、一般に大規模修繕工事といいます。外観の補修や設備の更新、配管の取り換えなどさまざまな工事が含まれますが、おおよそ10〜15年間隔で行われるのが通例となっています。大規模修繕工事を行うには、住人によってまず修繕委員会の立ち上げを行います。以後、工事に必要な手続きはこの修繕委員会が中心となって進めます。修繕委員会はまず、入居者へのヒアリングや現状確認などを通じて、劣化状況を把握します。それに基づいて、工事の時期や内容などを決定し、基本計画を立てます。その後、見積もり合わせを経て施工業者を選定し、請負契約を締結します。そして施工業者や管理会社と打ち合わせをしながら最終的な工事計画を策定し、工事に入ります。なお、この間の手続きの中で理事会での承認を受けるべき旨規約に定めがあるものについては、それに従います。また、住民説明会や近隣への告知も随時必要となります。大規模修繕工事を行う際にポイントとなるのは、信頼できるパートナーを選ぶことです。住人の誰もが建築や修繕に関する専門知識を持ち合わせているとは限りませんから、建物の診断、プランの策定、施工業者の選定などに際しては、大規模修繕工事に実績のあるコンサルタントのサポートが重要になります。

修繕工事する時の注意点

マンションの住環境を守り、建物の資産価値を維持するためには大規模修繕が必要です。マンションの管理組合が主導しますが、複数の業者に見積もり書を出させて決めます。必要な工事とそうでない工事を見極めるためには、専門家に依頼することです。業者によって費用にかなり差が出るので、内容を精査する必要があります。